月夜の子守歌

白銀に光る 月は鏡
覗いてみれば 見えるでしょう

遠い彼の地に 輝く黄金
光の人が そこにいる

おやすみなさい ゆっくりと
安息の毛布はいかがでしょう

明かりを消して 瞳を閉じて
闇夜の底へ ゆらゆら ゆらと
義務も 権利も 
意志や 意地さえ
全てを現世に残したままに

おやすみなさい ゆっくりと
意志という名の 夢とは別の
心のままに 描いた夢まで
ゆっくり静かに 誘いましょう

わたしは白い ベールとなって
あなたの眠りを 守ります

白銀に光る 月は鏡
心を映して 届けましょう

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント